こんばんは! 

ビストロ・ル・シアンのソムリエ、トイプードルのテオです。

5月21日、ル・シアン店長が通うワインスクール主催の山梨ワイナリーツアー、日帰りバス旅行へ行ってきましたよ102.png

毎年、応募開始と同時に埋まってしまう超人気のツアー。 ル・シアン店長も気合で予約勝ち取りました!

楽しみ過ぎて、前日の夜、何度も目が覚めてしまいました、笑

朝7:45、虎ノ門集合。 貸し切りバスで山梨へいざ出発!!

そして、早くも朝8:15から宴会開始です...103.png

こんなパーティー仕様のバスがあるってご存知でした??

e0366081_22255791.jpg

こちらのシャルドネ、かなりル・シアン店長好みでした113.png


e0366081_22273506.jpg

カリフォルニアのワイナリー BOGLE

お値段もReasonable109.png

↓ 飲食店にお勤めの方が、こんな希少なワインを持ってきてくださりましたよ106.png

e0366081_22334178.jpg

教科書的な正統派ヴィオニエのお味でした~

このほかにも、午前中のバスで10種類くらい飲んでしまった我々... (一口ずつですよ、笑)

さてさて、ラッキーなことに全く渋滞せず、あっという間に、1軒目の訪問先、蒼龍葡萄酒 に到着しました!


e0366081_22382164.jpg

このバスツアーのお話、当分続く予定です124.png

お付き合いよろしくお願いします!



ぽちっと押していただけると励みになります☆







[PR]
# by bistro-le-chien | 2017-05-25 22:55 | 旅行 | Comments(0)

こんばんは! 

ビストロ・ル・シアンのソムリエ、トイプードルのテオです。

前回、ブルゴーニュのちょい良いワインが酸っぱすぎて、ワインセラー欲しいぞーと叫んでいたル・シアン店長の願いが
サンタさん(?)に届いたのか、ついにビストロ・ル・シアンにセラーがやってきましたーーー129.png


e0366081_21593704.jpg

ずいぶん前に注文してました~笑

こんな贅沢品を買ってよいものか、超狭小ル・シアンに置く場所あるのか、いつでもワインがあったら
毎日飲んでしまうではないか(いちおう週2禁酒、目指しています、苦)、などなど...

かれこれ一年以上悩みましたが、昨年購入した美味しい(はずの)ワインが楽しみに開けたところ変な味や臭いになっていたりして、
もうそんな思いは絶対嫌っ!と、やっぱり買ってしまいました103.png

セラーを買うかどうかはさんざん悩みましたが、どれにするかは、実は最初から決めていました。

Dometicのサイレントカーブです。

こちらのワインセラー専門店「セラー専科」さんで購入しました。質問にも即日しかも丁寧に答えてくださり、
サイレントカーブに関しては、お値段も、私が調べた限り一番安かったように思います!

お店の方曰く、

「サイレントカーブの稼動音につきましては、アブソープションシステムというアンモニアの化学反応を利用した
冷却方法を採用しているため、一般的なワインセラーで使用されているコンプレッサー(冷蔵庫と同じ冷却機)や
ファンなどの駆動部品が搭載されていないため、無振動で無静音となっており、他のワインセラーと大きく異なります。」

とのことで、Dometicのパンプレットには寝室に置いてもOKとあります。

ル・シアンでの設置場所=テオ・ソムリエが一日中過ごす場所なので(ほぼ寝てる、笑)、静かであることが絶対条件。

一般消費者向け、かつル・シアンの手が届くお値段では、このサイレントカーブ以外チョイスはなかったというわけです109.png

初めてのセラーなので、比較しようがありませんが、実際、本当に静かですよ~

ドメティック サイレントカーブ CS32BV
5本x5段の25本用 (棚板を外した場合、最大40本まで可能)
幅530mm × 奥行き600mm × 高さ724mm、45キロ

本当はもう少したくさん入ると良かったのですが、サイレントカーブはこの25本用の次は、
最大210本入るという高さ174センチの物しかなくて、それはさすがに大きすぎ153.png

デザインはいたってシンプルで、まっくろっけなインテリアのル・シアンにはピッタリなのですが、側面と天板の黒い部分に
よく見ると扇形?のような模様が描いてあって、それがちょっと微妙で(汗)、うーん、ネットの画像や
メーカーのパンフレットを見ただけでは気づきませんでした...

たぶん1ヵ月もしたら気にならなくなると思いますが、笑

まだ到着して2日なので、これから使用してみて、気が付いたこと、またご報告しますね109.png

ちなみに、こんな鍵までついてるんですよ~

e0366081_21594423.jpg


そりゃあ、ロマネコンティ入れる人もいますものね106.png

さあ、記念すべき第一本目は何にしよう!?

ワクワクです128.png



ぽちっと押していただけると励みになります☆







[PR]
# by bistro-le-chien | 2017-05-16 22:36 | つれづれ | Comments(0)

こんばんは!

ビストロ・ル・シアンのソムリエ、トイプードルのテオです。

今日ご紹介するワインは、斜めのレーベルが印象的な Philippe Colin の白ワインです。

e0366081_22511819.jpg

有名な造り手さんらしく、ネット上でも品薄状態でしたので、やっと見つけて注文し、ワクワクしながら開けてみましたが...

とにかく、酸っぱい! 酸っぱい!! すっぱーーーーー!!!

えーん103.png

しかしながら、抜栓後2日目には、少しですが、このきつい酸がやわらかくなっていたので、きっと何年も寝かせたら美味しくなるに違いありません☆

これがまさに「長期熟成タイプ」ってやつなんでしょうね!

ってことにしましょう109.png

Chassagne-Montrachet 1er Cru
Les Chenevottes Blanc(レ・シュヌヴォット)
生産者: Philippe Colin (フィリップ・コラン)
生産地域: ブルゴーニュ、コート・ド・ボーヌ
ぶどう種: シャルドネ
Vintage: 2013年
ル・シアンでは、ネットで、7,800円(税抜き)で購入。

いきなり酸っぱい酸っぱい連呼してしまいましたが... 香りはといえば、樽香よりも、石灰などのミネラル感が豊富のように思いました。
実際、樽香がつきすぎないよう工夫されているそうです。

こちらのラック・コーポレーションの説明が、とてもわかりやすいですよ → 

ラックさんによると... Philippe Colin の中でも、ピュリニー・モンラッシェの Chevalier-Montrachet (Grand Cru)と
Les Demoiselles (1er Cru) が特に評価が高く、とにかく美味しいそうです。

当然お値段も高く、ビストロ・ル・シアンではなかなか手を出せませんが153.png

ではでは、最後に一言。

ル・シアン店長: ワインセラー、欲しいぞーーーー

テオ・ソムリエ: え!? ないのっ!? 

e0366081_23201529.jpg

当店のソムリエのくせに、セラーがないこと知らんかった?笑

びっくりお目目真ん丸のテオ・ソムリエでした109.png



ぽちっと押していただけると励みになります☆






[PR]
# by bistro-le-chien | 2017-05-09 21:47 | 白ワイン | Comments(0)

こんばんは! 

ビストロ・ル・シアンのソムリエ、トイプードルのテオです。

GWも残すところあと1日となってしまいましたね。 皆様、楽しくお過ごしでしょうか?

3月に行きました乃木坂のおしゃれなイタリアン La Sfoglina へ、テオ・ソムリエ、ル・シアン店長&常連客で行ってきましたよ。

前回ブログはこちら → 

ビールで軽く乾杯した後、前菜は、天草産直送鮮魚のカルパッチョと


e0366081_22053179.jpg


伊産グリーンアスパラガスのビアンコマンジャーレ

e0366081_22051443.jpg

アスパラのムースのようなお料理で、おかわりしたいくらい美味でした111.png

ワインは何にしようかなぁとリストを見ていると...

なんと、ル・シアン店長が好きな Vignai da Duline のシャルドネがあるではありませんか!!

天ぷらと一緒に飲んだワインと同じ作り手さんですよ~ → 

e0366081_22055212.jpg


うん、やっぱりここのワインは美味しい~♪ 

ル・シアン店長好みのコクありタイプの白です109.png

Colli Orientali del Friuli – Chardonnay (Ronco Pitotti)
コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ シャルドネ ロンコ・ピトッティ
生産者: Vignai da Duline(ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ)
生産地域: フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア(イタリア)
地区/村: コッリ・オリエンターリ/サン・ジョヴァンニ・アル・ナティゾネ
ぶどう種: シャルドネ
Alcohol: 13.5%
Vintage: 2012年
輸入業者: ラシーヌ

パスタは、コルドネッティ 魚介のトマトソースと

e0366081_22185192.jpg


タヤリン 黒トリュフをかけて

e0366081_22190185.jpg

タヤリン…ピエモンテ州を代表する卵を練りこんだ手打ちパスタのこと

これ、最高に美味しかったです。 そりゃそうですよね~129.png

メインは、仔羊もも肉のオーブン焼きと

e0366081_22213721.jpg
 
阿蘇放牧豚のグリル    

e0366081_22214749.jpg

ル・シアン店長的には、豚さんの方がおすすめですね~

テラス席・ワンコOKで、食事もワインも美味しくて、そして店員さんもとってもフレンドリーなイタリアン、La Sfoglina。

お値段もReasonableだと思います!

テオ・ソムリエ: またすぐ行きたいな127.png


e0366081_22025249.jpg


ぽちっと押していただけると励みになります☆







[PR]
# by bistro-le-chien | 2017-05-06 22:49 | 白ワイン | Comments(0)

こんばんは! 

ビストロ・ル・シアンのソムリエ、トイプードルのテオです。

本日は、前回予告しました通り(大げさ?笑)、ル・シアン店長がワインスクールのクラス会へ持っていたワインのご紹介です。

最高に美味しいイタリアの赤ワインですよ109.png

e0366081_21535380.jpg
開ける前なので、ボトルの写真のみですよー

中級クラス全20回で計100種類くらい飲みましたが(毎回5-6種類テイスティングします)、
その中で、ル・シアン店長が、いっちばん美味しいと思ったワインです177.png

とにかく幸せな気持ちになりました113.png

外観は、オレンジがはっきりみえ始めたガーネット。成熟した葡萄。熟成もある程度進んでいるように見えます。

香りは豊かに広がり、ドライトマトやブラックオリーブの特徴的な香り。
よく熟れたカシス、プラム。ドライフルーツ、レーズン。
シナモン、リコリス、黒蜜。
トリュフ、腐葉土、なめし皮など熟成香も。

味わいのアタックは、強すぎずミディアム。
甘味ははっきり、酸味はやわらかでエレガント。
アルコールのボリューム感はしっかり。
タンニンも豊かだがきめ細かい。
余韻は長く、甘味、酸味、タンニンすべてのバランスが良く、長期熟成タイプながらも飲みやすい111.png

BRUNELLO DI MONTALCINO - PIAN DELLE VIGNE
生産地域: イタリア、トスカーナ
(ピアン・デッレ・ヴィーニェは、モンタルチーノの町から6キロ南に位置する場所だそうです)
生産者: ANTINORI社
Alcohol: 14%
ぶどう: サンジョベーゼ(グロッソ) 100%
Vintage: 2011年
価格: エノテカ、税込み8,100円

大樽で2年熟成だそうです。

GW後半、仕事でいつもお世話になっている方のお宅にお呼ばれしているのですが、
そちらへもこのブルネッロを持っていこうと思っています!

***

最後は、ワインと関係ありませんが、この時期一番好きなお花を。

e0366081_22204358.jpg

芍薬です。

蕾は、もみもみしてあげると、咲きやすくなるそうですよ~179.png



ぽちっと押していただけると励みになります☆







[PR]
# by bistro-le-chien | 2017-05-03 21:33 | 赤ワイン | Comments(0)