こんばんは!

ビストロ・ル・シアンのソムリエ、トイプードルのテオです。

六本木の隠れ家フレンチ、Uchiyatei AMI での楽しいワイン女子会、後編です。

しかし、それがですね... 

ル・シアン店長、もう楽しすぎてこのあたりから記憶あいまいです105.png

ワインもお料理も美味しかったということだけ覚えてます!!<--だめだこりゃ、笑

そんなこんなで、コメントほぼ無しで写真じゃんじゃん行きますよ~103.png

3本目は本命のブルピノです。

e0366081_20461076.jpg

Volnay Charles Noellat
生産者:Charles Noellat シャルル・ノエラ
生産地:ブルゴーニュ、コート・ド・ボーヌ地区、Volnay
AOC Volnay

VERITASさんのHomepageによると、シャルル・ノエラの畑は1988年に、なんとあのルロワに買収されたそうです。
現在は、シャルル・ノエラはネゴシアンとして、契約農家からぶどうを購入し、ワインづくりをしているとのことです。

買収前のワインは、「幻のブルゴーニュ」と呼ばれ、いまやお宝ワインとなっているようですね173.png


e0366081_20462097.jpg

うーん、美しい、ほれぼれ162.png

ちなみに、日本ソムリエ協会のテキスト(2016年版)によると、Volnayのワインは、「繊細で、ブルゴーニュの中で最も女性的と表現されることもあるが、場所により力強いワインも作られ、多彩である」そうです。 

このワインは極めて女性的でしたね~(ル・シアン店長、個人の感想です)

メインディッシュは、仔牛のソテー。

e0366081_20463066.jpg

後日、仔牛か仔羊かも覚えていなかったサイテーのル・シアン店長...

そして、もちろんまだ飲みます! 

このメンバー素敵すぎです113.png

e0366081_20464167.jpg


最近人気急上昇のシチリアワインです109.png

DONNAFUGATA Tancredi ドンナフガータ タンクレディ

生産者: DONNAFUGATA ドンナフガータ
生産地: イタリア シチリア州
アぺラシオン: IGP
ぶどう種: ネロ・ダヴォラ60%、カベルネ・ソーヴィニョン30%、タナ10%
Vintage: 2012年

濃い~わけですね!

あー本当に楽しすぎて、あっという間に夜が更けてしまいました。


素敵女子、Nさん、Kさん、Mさん、ありがとうございました! また近々ご一緒させてくださいね110.png

そして、Uchiyaさん、楽しいTalkと美味しいお料理&ワイン、ごちそうさまでした~



ぽちっと押していただけると励みになります☆





[PR]
# by bistro-le-chien | 2017-09-24 18:09 | 美食 | Comments(0)

こんばんは!

ビストロ・ル・シアンのソムリエ、トイプードルのテオです。

ル・シアン店長、先日、ワインスクールの素敵な皆さんと、六本木の隠れ家フレンチ Uchiyatei AMI へ行ってきましたよ。

まずはもちろんシャンシャンで乾杯110.png


e0366081_19500945.jpg


おいしー♡ ル・シアン店長好みの黒ブドウ系シャンパーニュです(ムニエ主体)。

この日は、本当に残暑が厳しくて、ル・シアン店長、日中ビール飲んでしまおうか悩んだのですが、やっぱり夜まで我慢してよかった、笑

きれいな泡が写っていたので、もう一枚109.png

e0366081_19502610.jpg


VintnersさんのHomepageによると、生産者のピノ・シュヴォシェは、

「ヴァレ・ド・ラ・マルヌのムーシー村にて4代続く家族経営の生産者。

...ワインの品質は葡萄で決まるとのポリシーから認証は取得しておりませんが有機栽培を実践するなど丁寧な畑仕事からクオリティの高い葡萄を生産しております。
この一帯ではどこよりも早い17年前から緑肥などの草生栽培をスタートさせ、更に15年前から一切の殺虫剤、除草剤の使用を廃止しました。

ピノ・シュヴォシェが造る殆どのキュヴェはムニエの比率が高く、まろやかかつキレのあるシャンパーニュとなります。

クオリティを最優先としておりますが、価格もお手頃であるよう心がけており、その品質やコストパフォーマンスに対し数々のコンクールにて表彰されている他、フランス内外のミシュラン星付きレストランでもオンリストされており...」

とのこと。

CUVEE JOYEUSE BRUT NV キュヴェ・ジョワイユーズ
生産者: PINOT CHEVAUCHET ピノ・シュヴォシェ
生産地: シャンパーニュ、Vallee de la Marne ヴァレ・ド・ラ・マルヌ 
アペラシオン: A.O.C. CHAMPAGNE
品種: ムニエ 80%、シャルドネ 20%、2007.2008.2009ヴィンテージをブレンド
醸造: ステンレスタンクにて一次発酵。瓶内二次発酵後60ヶ月以上熟成しデゴルジュマン。 
ドサージュ: 8g/L
参考評価: リヨン国際ワインコンクール2012,2015…金賞
デキャンタ・ワールド・ワイン・アワード2015…銅賞

コスパも最高で、これは今度、ル・シアンでも買わなくては!

さてさて、お待ちかねのお料理がきましたよ~101.png

Uchiyateiの看板メニューのひとつ、新鮮魚介のコンソメゼリー寄せ。

e0366081_19525623.jpg


イタヤ貝、サーモンの燻製。赤いお野菜はパプリカ。

コンソメも自家製だそうです! 激うまです129.png

2本目の白は、やはりシャルドネですかね~

e0366081_20084384.jpg

こちらもVintnersさんのデータお借りました。

MONTHELIE BLANC "SOUS LE CELLIER" 
モンテリー・ブラン スー・ル・セリエ
生産者:DOMAINE FLORENT GARAUDET ドメーヌ・フローラン・ガローデ
生産地:ブルゴーニュ
原産地呼称:A.O.C. MONTHELIE
葡萄品種:シャルドネ100%
樹齢:30年の古樹
収量:約40hl/ha
斜面の向き: 南西
土壌 : 粘土質 – 石灰質土壌
醸造:全て除梗を行い、フレンチオーク樽(400l)にて醗酵、同オーク樽(400l)にて16ヶ月熟成 (新樽率40%)

鮎のフリット 肝ムース添え

e0366081_20335451.jpg


鮎をね、こんなお上品な感じで食べるのは初めてで、ル・シアン店長、ちょっと感動してしまいました112.png

ジェノヴェーゼのパスタも美味しかったですよ~

e0366081_20393111.jpg


フレンチでも、パスタちょこっと頂けるとすっごく嬉しいですよね111.png


ワイン女子会、まだまだ続きますよ~



ぽちっと押していただけると励みになります☆











[PR]
# by bistro-le-chien | 2017-09-23 21:57 | 美食 | Comments(0)

買ってもうた~

こんばんは!

ビストロ・ル・シアンのソムリエ、トイプードルのテオです。

ル・シアン店長、やっちまいましたよ129.png

e0366081_20163727.jpg



そうです、これです103.png

e0366081_20164408.jpg



言わずもがな、シャトー・ムートン・ロッチルドとロバート・モンダヴィのコレボレーションで生まれた、カリフォルニアのカルトワインの先駆け的ワイン。

OPUS ONE

生産者: OPUS ONE WINERY オーパス・ワン ワイナリー 

生産地: カリフォルニア、ナパ、Oakville オークヴィル

ぶどう種:  カベルネ・ソーヴィニヨン79%、カベルネ・フラン7%、メルロ6%、プティ・ヴェルド6%、マルベック2%

Vintage: 2013年


各種メディア、ワインショップで、最良年と絶賛されている2013年。

何も言えねぇ、ですね106.png



ぽちっと押していただけると励みになります☆





[PR]
# by bistro-le-chien | 2017-09-18 20:31 | 赤ワイン | Comments(0)

こんばんは!

ビストロ・ル・シアンのソムリエ、トイプードルのテオです。

錦糸町の美味しいイタリアン Da Filo の幸せDinner、2本目のワインはこちらのバローロ113.png

e0366081_20301414.jpg



これがもううまいのなんのって、ル・シアン店長と常連客、思わずわーわー騒いでしまいましたよ103.png

Franco Molino Barolo Cascina Rocca
フランコ・モリーノ バローロ カッシーナ・ロッカ


生産地: イタリア、ピエモンテ州 バローロ地区 ラ・モッラ村

AOC: Barolo DOCG
生産者: FRANCO MOLINO フランコ・モリーノ社

ぶどう種: ネッビオーロ100%
Vintage: 2011年

輸入元の イル・トラミテ さんのHomepageによると、

「ラ・モッラ村の南東端アンヌンツィアータ・ロッカの集落に位置します。
曾祖父フランコ・モリーノがこの地に長屋になった牧畜納屋(カシーナ)と小麦畑、ブドウ畑などを取得したのは1965年のこと。

その後、小さいながらもバローロ村のBricco ZoncaiとSarmassa、ラ・モッラ村のRocche dell’AnnunziataとBricco Rocca、
カスティリオーネ・ファッレット村のVilleroと地域と地質の異なる畑を取得して行きました。
現在、所有面積は10haに及び、両親の代では数百本程度でしたが年間4万本を生産するまでとなりました。

孫娘である当主シルヴァーナはBIOTIPICOの規定にのっとって農薬、化学肥料などを一切使いません。
しかし、彼女の考えるワインとは“ビオ”という言葉の実現ではなく、畑に囲まれて生活する幼い娘たち、
またワインを口にする人へのできる限りの健康や安全への配慮であるようです。」

とのことです。 最後の箇所、いいなぁって思いました112.png 


さてさて、ちょっと長くなってしまいましたが、お食事の方は...

定番の贅沢サラダ、さらに進化してましたよー106.png

温野菜・冷野菜盛り合わせ 人参のピューレ アンチョビソース

e0366081_20304062.jpg

メインディッシュは、牛肉と豚肉を少しずつ ジャガイモのピューレ添え。

e0366081_20325888.jpg

とろけるようにほろほろの牛肉と、ジューシーな歯ごたえのポーク。

そして、〆のパスタは...

なんと、ル・シアン店長大好物の鰯とカラスミのパスタの写真を撮り忘れるという痛恨のミス145.png

めちゃ美味しかったのに~

最後は桃のジェラートと...

e0366081_20365653.jpg

美味しいコーヒーで、楽しい楽しい幸せDinner Time、お開きです。

e0366081_20370383.jpg

Tオーナー、Hシェフ、いつも美味しいお料理と最高のサービスありがとうございます110.png

またよろしくお願いしまーす!



ぽちっと押していただけると励みになります☆





[PR]
# by bistro-le-chien | 2017-09-14 22:19 | 赤ワイン | Comments(0)

こんばんは!

ビストロ・ル・シアンのソムリエ、トイプードルのテオです。

ル・シアン店長知人の美味しい美味しいイタリアン、Da Filo へまたまた行ってきましたよ169.png

前回訪問ブログはこちらを! 

Da Filo PART I - 祝・開業☆

Da Filo PART II - 日本人が食べたいイタリアン

Da Filo PART III - FONZONE GRECO DI TUFO


もちろん、今回も新鮮な食材たっぷりのシェフのお任せコースです111.png

まずは太刀魚のフリット パプリカソース くるみとカタバミ添え

e0366081_20174552.jpg

カタバミがやわらかな酸味を添えてくれるそうです。 知らなかったー!

生ハム、マンゴー、トマトのジュレの冷製パスタ

e0366081_20201009.jpg

乾杯のビールや泡がなくなりましたので、そろそろ、白よね109.png

e0366081_20214644.jpg

Canayli Vermentino di Gallura Superiore
カナイリ ヴェルメンティーノ ディ ガッルーラ スーペリオーレ
生産者: カンティーナ ガッルーラ
生産地: イタリア、サルデーニャ
AOC: ヴェルメンティーノ ディ ガッルーラ DOCG スーペリオーレ
ぶどう種: ヴェルメンティーノ100%

イタリアンワイン専門店 TUSCANY さんのHomepageによると...

「カラスミ、シーフードと好相性!豊かな果実味とキレのある酸味が魅力的なヴェルメンティーノ!」

「輝きのある縁に緑を感じる麦わら色。ややしっかりとした粘性を持っている。完熟したパイナップルなどのトロピカル・フルーツの香りを主体にグレープフルーツ、レモンのような柑橘系の果実の香りも華やかに香る。 微かに緑茶を思わせる香りも感じ取る事ができる。あふれんばかりの豊かな果実味と爽やかで切れのある酸味を合わせて持っている。後味に心地よい苦味を感じ取れる。余韻の長さは中程度。」

思ったより酸味があり、酸っぱいの苦手なル・シアン店長、最初はあれって思いましたが、お魚ととーっても良く合いました110.png

鰹のカルパッチョ きゅうり、メロン、白ワインジュレ添え

e0366081_20224174.jpg

イサキと焼き茄子 アーモンドパウダー 右上は茄子の皮のジュレ

e0366081_20243897.jpg

これめちゃ美味しかった~129.png

幸せDinner、後半へつづきまーす☆



ぽちっと押していただけると励みになります☆





[PR]
# by bistro-le-chien | 2017-09-13 21:18 | 白ワイン | Comments(0)